たそがれ壺記

古典の森に棲み暮らし、奇談・怪談を語る偏人のブログです。

【座敷浪人の壺蔵】更新について

〔あやしい古典文学の壺〕に10編追加しました。

7/01「大人足跡・小人足跡」:大きい足跡を「たんたん法師の足跡」と呼ぶのは「ダイダラボッチの足跡」と同義でしょうが、小さいほうの「でらでら法師…」もダイダラボッチと思われ、こうなるとよく分かりません。
「異怪の女」:末尾「世間に立ち交っている異怪の女もある。珍しくはない」。なかなかに納得させる言葉です。

7/11「獣鳥」:でかくて異形、毒性も強い。でも鉄砲十挺で倒されるとは、意外に脆い。
「ざつくわ」:愛執は深いが戦闘力が足りない。もっとがんばれ、坊主に負けるな。

7/21「蓮ノ葉の奇事」:蓮の葉を干して、お茶にして飲むのか。知りませんでした。
甲斐国七奇異」:猫の声で鳴く鼠…、この発想はなかった。

8/01「飛び物」:あぶないなあ。
「海の不思議」:海洋冒険譚には、何にもまして心躍らせるものがあります。

8/11「鼠塚」:場所は、今の大阪府枚方市内の藤阪でしょうね。鼠たちは非業の死を遂げた誰かの塚を守護していたのかも。枚方市内には「阿弖流為首塚」なんてのもありますし…。
「草庵の大鼠」:いろんなアクションをして挑発する大鼠。考えようで、某テーマパークのキャラクターみたいです。僧が激怒したのは、米を食われたからでしょう。食い物の恨みは深い。

ハルさま:
>獣鳥 :こんなに大きいのに、普段はどこにいたのでしょう?
地味な小鳥だったのが、突然巨大化し、獣鳥自身困惑していたのかもしれません。
>蓮ノ葉の奇事:…なんとなく縁起が良さそう。
鶴が舞ったりして、いかにもな雰囲気。でもそれだけで何事もなかったら拍子抜けですね。

mitaさま:
>寛平ちゃんの「かい~の」ですね。
そんな感じです。こっちもムズムズ痒くなる。

【座敷浪人の壺蔵】更新について

〔あやしい古典文学の壺〕に8編追加しました。

5/21「泣き叫ぶ老人」:見苦しい、黙ってろ、とも思わせる姿ですが、これも次の「臨終の言動」と同様に病勢のなせるわざかもしれません。
「臨終の言動」:まったく「僧の言は愚か」です。冷静な洞察をもって物事を見ないといけないと、自分にも言い聞かせたいですね。

6/01「蛇体となった女」:普通は水に飛び込んで終わりのところ、また上がってきたのが面白いと…、まあそれだけなんです…。
「胡瓜堂」:下世話な猥談じみたきっかけから大ごとに持ち込む展開が、無理やりで面白いと…、これもそれだけのような…。

6/11「飛地蔵」:石地蔵が文字通り飛んだら危険ですが、運んでもらうぶんにはのどかでけっこうな話だと思います。
「火事熊」:弘化二年の「青山火事」で熊が出たという話は、岡本綺堂『半七捕物帖』の「熊の死骸」でも用いられています。

6/21「鯉を掘り出す」:あやしい古典文学では通常こういう鯉も食べてしまうのですが、ここは無難に放してやっています。
「化獣の衣服」:ほどよい化け物ぶりがよいですね。後に思うに衣服が分明でないあたりに、人がほどよく化かされているのもわかって、よい雰囲気です。

ハルさま:
>蛇体となった女:そういえば、「蛇体になった男」というの、…
まれにはあるんです。でも、あんまりかっこよくないです。
>火事熊:…
関係ないですが、富士宮に二度ほど行ったことがあって、JRの駅前に「鍛冶熊」という鍛冶屋さんがあったのを覚えています。そのせいでこの表題にしたのかも。

【座敷浪人の壺蔵】更新について

〔あやしい古典文学の壺〕に8編追加しました。

04/11「毛の生えた熱いもの」:産まれたものの異様さが目を引きますが、その後生きたのか死んだのか、どうなったのだろう。
「水を吸うもの」:いかにも奇妙なもので、イメージするのがひと苦労です。「鑓到火」という道具はどういうものか、調べてみましたが、今のところわかりません。

04/21「笑う死人」:いわゆる「走屍」の一形態でしょうか。箒でどつくといいらしいが。
「焼け死んだ男」:人生いつどこで迷い道に踏み込むか、わかりませんねえ。

05/01「鰯のぬた」:死んだ人の霊が別れの挨拶に来たのでしょう。食事が「鰯のぬた」というのが、不思議な味わいを醸し出します。
「狐に憑かれて大暴れ」:元気だなあ。

05/11「赤坂の蜘蛛の巣」:蜘蛛の巣だらけの山中で、大きな蜘蛛の巣にかかったことがあります。情けなかった。あれが暗闇ならと思うと、恐ろしい。
「蝙蝠の怪」:蝙蝠は普通にしていても怪物っぽいですから、火見櫓を覆うほど巨大ならまさに怪物です。

ハルさま:
>水を吸うもの:火攻めの際に使うもの…?火の中に置くと、逆に水を噴き出すとか?
これ、よく分からないですよね。火攻めの際に、水を吸って消火を妨害する道具かと思いましたが…。
>狐に憑かれて大暴れ:暴れ方が狐というより猿のよう。
たしかに。こんな人騒がせな猿が、ときどき町中に出てきますね。

【座敷浪人の壺蔵】更新について

あやしい古典文学の壺〕に4編追加しました。

3/21「笛吹川の獺」:私は、水族館にいたりする獺の挙動には、なにか邪悪な雰囲気を感じます。妖獣の仲間にされるのも、気の毒ながら仕方がない気がしますね。ちなみに「海獺(ウミウソ)」はアシカの別名とされます。ラッコの漢字表記の一つにも「海獺」があります。
「野槌」:日本全国に見られるツチノコ伝説の一つ。目を見張るばかりの攻撃性がすてきだ。

4/01「瓢箪のまじない」:蚊だけでなく、ほかの害虫も寄せ付けないまじないがあるといいな。カメムシとか…。
鶴仙人」:乗っている鶴も矮小なのがいい。近所の屋敷の木の洞なんかに棲んでいそうだ。

ハルさま:
>「ツチノコはビール瓶くらいの大きさ」というイメージを持っています。が、このお話に当てはめると、もっと大きいのか?
二まわりくらい大きいですかね。いろいろあるようですよ。あやしい古典No.1164「たてがえし」だと、「胴回りは一メートル半以上…体長は二~二メートル半」ですから、おそろしく大きいです。

【座敷浪人の壺蔵】更新について

〔あやしい古典文学の壺〕に6編追加しました。

2/21「竜巻」「頭蓋骨」:魚とか動物とかが空から降るのを「ファフロツキーズ現象」というんだそうです。世界各地でいろんなものが降った記録があります。それなりに説明がついている話もあって、例えばアイスキュロスは降ってきた亀が頭に当たって死んだそうですが、これは鷲が落としたのだとされています。

3/01「山神賭博」:神のくせに花札賭博ですか。もろ肌脱ぎで熱が入ってたりして…。何を賭けるのか、気になる。
「肉躍る夜」:仲間の鶏は、もっと早く鳴くべきだった。

3/11「蛇のいる山門」:専称寺いわき市に現存する由緒ある寺で、惣門は重要文化財に指定されています。
「隣家の老人」:〔あやしい古典〕には、昔語りをして飽きさせない年経た狸や貉がよく出てきます。そういう役どころが似合いますね。

ハルさま:
>蛇の抜けがら:石の塔とか、脱皮するのにちょうど良さそうだもんね
言われてみればそうだ。蛇が守り神とかではなくて、脱皮の都合だけかも知れない。
>スッポンの骨が出る:…食べ方を注意して終わっていますが、もっと別に言う事ありそうです。
うーん、「スッポンばっかり食うな」とか?