たそがれ壺記

古典の森に棲み暮らし、奇談・怪談を語る偏人のブログです。

【座敷浪人の壺蔵】更新について

〔あやしい古典文学の壺〕に6編追加しました。

4/11「馬足の民」:「丁霊」は、B.C.3~A.D.5ごろモンゴル高原で遊牧生活をしていたトルコ系民族なんだそうで、なるほど……という気がしますね。
「瓠犬国」:わりとよく、いろいろな類話の形で語られる話です。あやしい古典no.1464「五彩犬」もその一つ。

4/21「浜辺の声」:これも船幽霊の一種でしょうか。集団で船を襲ったりするのとはだいぶ傾向が違います。
「亡夫の横笛」:今昔物語集巻二十七第二十五「女、死せる夫の来るを見し語」の短縮ヴァージョン。

5/01「婆羅国」「烏衣国」:もうムチャクチャですがな。

まねき屋さま:
いつもながら思いがけない世界を紹介していただき、ありがとうございます。WEB上にはナラタケや他の光るキノコ類の記事が次々に出現して、迷宮をさまよう気がしてきました。

ハルさま:
>馬足の民……
むかしの中国の一里は500メートルくらいだそうですから、それでいくと300里は150キロメートル。一日10時間走ったとして、平均時速は15キロ、堅実な走りです。速さは筋斗雲の圧勝。